認知低下予防リハビリ

認知低下予防リハビリ

Rehabilitation-Menu
認知低下予防リハビリ

脳トレや創作活動、ゲーム等で認知低下予防をはかります

認知低下予防リハビリテーションプログラム

当施設では認知低下予防を目的とし、
以下のプログラムを集団リハで提供しています。

脳トレ

01脳トレ

計算問題や漢字の問題、迷路やクロスワード等、日常生活では取り組むことのない課題に取り組み、集中する機会の増加、新たな趣味活動の発見につなげます。

創作活動

02創作活動

施設内の壁に飾る作品の共同製作や、施設内イベントの会場装飾の作成等おこなっています。他利用者と共同作成することで社会性の構築に働きかけや、季節感のある創作を実施することで認知面へ働き掛けます。

ゲーム大会

03ゲーム大会

ボウリングや魚釣り、脳トレ要素も含んだゲームを実施しております。他利用者と競うことで、向上心・社会性を再構築する他、楽しみながら身体面・認知面のリハビリができます。

余暇時間活動

04余暇時間活動

施設内での生活で時間に余裕がある方が、ご自身で活動を選び取り組まれております。自室から出て活動することにより、生活リズムの定着・他利用者との関わりの増加、社会性の再構築が可能です。

ADL訓練

05ADL訓練(日常生活動作訓練)

お一人お一人の希望に沿って、ご本人様が安心し、施設内外・自宅での生活を送ることができるよう提案・サポート・実際場面での訓練も実施しております。

認知低下予防リハビリでは以下のようなことが期待されます

入居前より意欲低下あり、居室内で過ごす時間が多い方

プログラム01(脳トレ),02(創作活動)を提供。

1ヶ月程度、声掛けし活動に誘導、今では毎日、自ら活動を選び取り組まれております。

プログラム開始時の作品と比べ、使用する色数の増加や塗り方が力強くなりました。

イメージ

資料請求・施設見学は
こちらからお申込みください

フォームでのお申込み
お電話でのお問い合わせはこちら
(代)022-399-7141

イメージ写真

Re:Life / リライフメニュー

目的に合わせたリハビリの種類
一人一人に合わせた
リハビリのカタチがあります

Re:Life通信 Instagram

モークシャ愛子での生活そのものをリハビリにつなげるようにしています。
入居しながら成果があがるよう、スタッフ一同しっかり見守っていきます。