リハビリQ&A

リハビリQ&A

Rehabilitation-Q&A
リハビリQ&A

現在脳梗塞で入院中なのですが退院後のリハビリをどうすればよいか不安です。
モークシャ愛子では入居していただきながら生活場面や状態に合わせたリハビリを行うことが可能です。症状の程度にもよりますが在宅復帰に向けたリハビリも可能ですのでご相談ください。
両親の認知が低下しているのではないか気になっています。
モークシャ愛子では入居者に対し、定期的に認知機能検査を行っております。認知機能へのアプローチは多岐にわたりますが運動はもちろん脳トレや創作活動、園芸など個人の状態に合わせてプログラムを提供しております。
最近、両親が出来ないことが増えてきていて心配です。
年齢が進むにつれて出来ないことが増えていく不安や焦りはあると思います。その中で具体的に何が出来て何が出来ないのかをリハビリで評価することで目標や目的が明確になります。入居された際はぜひお悩みをご相談ください。
どんな職種の方がリハビリに関わっていただけますか?
理学療法士、作業療法士、看護師、介護士、ケアマネジャー等モークシャ愛子に関わるスタッフ全員で入居者様のサポートをしてまいります。併設されているクリニックにも医療スタッフがおりますのでより安心な環境でのリハビリが可能です。
歩行器で歩いていましたが病気をきっかけに寝たきりになってしまいました。また歩けるようになりますか?
リハビリの中で歩行訓練も行っており、実際に歩けなかった方が歩行器で数十メートル歩けるようになった事例もございます。症状や寝たきりになった期間にもよりますがぜひお手伝いさせてください。
施設のリハビリ設備を教えてください。
平行棒や歩行器などの歩行リハビリ用具やホットパックなどの物理療法設備がございます。また、住居スペースを生かして実際にトイレや浴槽を使用した日常生活訓練も行えるようになっております。

資料請求・施設見学は
こちらからお申込みください

フォームでのお申込み
お電話でのお問い合わせはこちら
(代)022-399-7141

イメージ写真

Re:Life / リライフメニュー

目的に合わせたリハビリの種類
一人一人に合わせた
リハビリのカタチがあります

Re:Life通信 Instagram

モークシャ愛子での生活そのものをリハビリにつなげるようにしています。
入居しながら成果があがるよう、スタッフ一同しっかり見守っていきます。